2013年の嵐ファンクラブ会員数について
今回はお届けしたいと思います。

さて、その前に♪

嵐の2016年現在のファンクラブ会員数は
ネットでは190万人だと推測されているようです。

マジですか!?

ということは、2013年なので
わずか3年前の会員数ということになりますが
あなたは何人くらいだったと想像しますか?

答えあわせをする前に
ちょっと予想を立ててみてくださいね♪

スポンサーリンク

嵐ファンクラブ2013年の会員数は?

さて、では正解をご披露しましょう!

2013年の嵐ファンクラブの会員数は
146万人だったと推測されています。

■2016年3月      190万
      1月      182万
■2015年10月15日  180万
       9月6日   179万4千
       6月26日  174万0千
       5月1日   170万0千
       2月1日   169万0千
       1月17日  168万7千
■2014年 9月8日   166万
       4月23日  157万
■2013年        146万
■2012年        130万

【引用:ジャニーズファンクラブ会員数(会員番号)推移とまとめ】

でも、それにしても146万人って
あまりにも凄すぎませんか?

これって本当の数字なのかどうか
疑っているアラシックも多いんじゃないかな?

まあこれには結構、数のマジックというのもあって
まず、通し番号であること。

つまり過去からずっと更新されている「通し番号」なので
退会や失効で現在は会員でない人の番号もカウントされている。

それに一人で数名義を使って
複数の会員証を持っているアラシックもいるので
実際のファンクラブ会員数はもう少し少ないのが事実でしょうね。

嵐のコンサートは全体の動員数が少ないので
コンサートに当選するためには複数名義で対応したファンが
この全体のファンクラブ会員数を
吊り上げている原因とも言えそうですね。

まあ、それにしても難関であるのは
なんら変わらないのが、ちょっと残念です(^_^;)

2013まとめ

2013年の嵐の活動状況といえば
紅白で話題になった曲「ふるさと」を思い出します。

とってもいい曲ですよね?

4年連続の紅白司会になった嵐のこの曲は
NHKの全国学校音楽コンクールの課題曲になりましたし
嵐ファン以外の人にも思い出深い曲になったと思います。

またコンサートでは「アラフェス’13」
改修前最後の国立競技場であったのを思い出しますし
冬には、5大ドームツアー「ARASHI Live Tour 2013 “LOVE”」も。

も~とにかく、とってもとっても
魅力的な嵐の2013年でした。

よ~おおおし!

また今年も気合い入れなおして
絶対にチケットゲットしちゃいましょう^^